福岡の探偵・興信所(浮気調査・ストーカー対策・盗聴器発見)

福岡の探偵・興信所福岡の探偵・興信所

 You are here : 福岡の探偵・興信所 ≫ アドバン日記≫ 浮気「129」

福岡の探偵・興信所   アドバン日記   浮気「129」

=MENU=

福岡の探偵・興信所 アドバン

浮気調査

素行調査

身辺調査

メールアドレス調査

携帯電話番号調査

信用調査

行方調査

盗聴器発見
※盗撮カメラもサービスで同時に発見します

ストーカー対策

Q&A

■依頼申込み

■相談・問合せ

会社案内

リンク

サイトマップ

記事・コラム

更新履歴

探偵 用語集

アドバン日記



その他の調査

結婚調査

家出人捜索

メールアドレス調査

携帯電話番号検索

携帯電話番号調査

IPアドレス調査

浮気「129」 2014-05-02


わが社はインターネットにHPを掲載おり、これを検索するためのキーワードは、「メールアドレス調査」「浮気調査福岡」「盗聴発見福岡」「探偵福岡」「福岡興信所」「盗聴発見福岡」「浮気調査福岡」などで出てきます。弊社へ寄せられるご相談は浮気や不倫など男女のトラブルがほとんどです。ある事例をご紹介いたします。不倫したある青年が600万円の慰謝料を請求されて裁判となり、それが原因で自殺 したのである。ご相談者は32才、Yさん。不倫した男性29才Mとしておきます外資系会社員、実家で暮らし手織り、数年結婚生活をしたが、妻の浮気により離婚してしまった、子供一人を引き取った後父親一人が子育てした、妻の不倫相手に慰謝料を400万円を請求した 、しかし直接面会して自分に謝罪の言葉があれば100万円に減額いいと思っていた。とにかく一度会って直接心から謝罪してほしいと思ったのである。 妻の相手の不倫者B氏は、他の法律事務所に相談、金50万円に減額してほしいと申し出てきた。 到底納得できない請求権者のMさん、怒ったMさんは反省がみられないと知り合いの弁護士に依頼したのである 弁護士は600万円で請求、相手方も弁護士に依頼、相手方弁護士は150万円を提示したがもはや話がこじれすぎていた。到底、和解には至らず、金600万円の訴訟提起をすることになった。その3日後、Mさんから当方に電話がありました。不倫の慰謝料600万円を請求された独身男性Mは電車に飛び込み自殺をしてしまいました。本当に不倫で自殺までいったケースです。 結局、不倫相手の男性の自殺で事件は終わってしまった。弁護士も着手金をY氏に返金したそうですが、なんとも後味の悪い事案でありました。


アドバン 女性専用フリーダイヤル

アドバン 連絡先

アドバン 盗聴・盗撮カメラ発見

アドバン メールアドレス調査

福岡の探偵・興信所
アドバン
〒816-0077
福岡県福岡市博多区元町
1-1-17

TEL 092-501-0561
MAIL marbow@eos.ocn.ne.jp

⇒ 相談/問合せ

当サイトはリンクフリーです。同業者、他業者問いません。メールで連絡頂けましたらこちらからもリンク致します。

福岡の探偵・興信所 ノースパム宣言

差別反対!

当社は差別に関するあらゆる調査をお断りしております。