福岡の探偵・興信所(浮気調査・ストーカー対策・盗聴器発見)

福岡の探偵・興信所福岡の探偵・興信所

 You are here : 福岡の探偵・興信所 ≫ アドバン日記≫ 探偵業法の成り立ち 「30」

福岡の探偵・興信所   アドバン日記   探偵業法の成り立ち 「30」

=MENU=

福岡の探偵・興信所 アドバン

浮気調査

素行調査

身辺調査

メールアドレス調査

携帯電話番号調査

信用調査

行方調査

盗聴器発見
※盗撮カメラもサービスで同時に発見します

ストーカー対策

Q&A

■依頼申込み

■相談・問合せ

会社案内

リンク

サイトマップ

記事・コラム

更新履歴

探偵 用語集

アドバン日記



その他の調査

結婚調査

家出人捜索

メールアドレス調査

携帯電話番号検索

携帯電話番号調査

IPアドレス調査

探偵業法の成り立ち 「30」 2013-10-30


探偵業法は、探偵業という業態を振興するために制定されたわけではなく、あくまで消費者の保護や人権擁護の為に制定されたものであり、現に、探偵業を営んでいる者にとっては面白いものではないのである。これはこの法律の中にも明記されているのである。しかし、今日のニュースで言っていたが、日本の警視庁公安部外事3課から漏洩したテロリストのリストや証人の家族の情報までルクセンブルクのレンタルサーバーからインターネットに公開された事件が本日付で時効となったのである。被害者の中には家族離散や、職場解雇など悲惨な道を歩まされている人も多いという。この情報に携われるのは当時、500人ほどであり、捜査が厳格に行われていたら当然容疑者が逮捕されていてもいいのであるが、政府の面子を重んじて、事項を隠れ蓑にしてもみ消してしまったと言うころらしい。探偵業がどうこうといった問題とはレベルが違うのである。そんな政府から人権擁護だの個人の利益の保護などいわれたくはありませんね。この、テロリストの証人となった人たちは毎日、報復されるのではないかと言う恐怖と戦っているのであり、この戦いには時効はないわけで、例えば玄関を出たとたんに刺されたとか、電車の駅のホームから突き落とされてしまうのではないか、夜道で襲われるのではないかとか。自分のせいで家族に危害が及んだら悔やんでも悔やみきれないですよね。


アドバン 女性専用フリーダイヤル

アドバン 連絡先

アドバン 盗聴・盗撮カメラ発見

アドバン メールアドレス調査

福岡の探偵・興信所
アドバン
〒816-0077
福岡県福岡市博多区元町
1-1-17

TEL 092-501-0561
MAIL marbow@eos.ocn.ne.jp

⇒ 相談/問合せ

当サイトはリンクフリーです。同業者、他業者問いません。メールで連絡頂けましたらこちらからもリンク致します。

福岡の探偵・興信所 ノースパム宣言

差別反対!

当社は差別に関するあらゆる調査をお断りしております。