福岡の探偵・興信所(浮気調査・ストーカー対策・盗聴器発見)

福岡の探偵・興信所福岡の探偵・興信所

 You are here : 福岡の探偵・興信所 ≫ アドバン日記≫ 探偵業法の成り立ち 「13」

福岡の探偵・興信所   アドバン日記   探偵業法の成り立ち 「13」

=MENU=

福岡の探偵・興信所 アドバン

浮気調査

素行調査

身辺調査

メールアドレス調査

携帯電話番号調査

信用調査

行方調査

盗聴器発見
※盗撮カメラもサービスで同時に発見します

ストーカー対策

Q&A

■依頼申込み

■相談・問合せ

会社案内

リンク

サイトマップ

記事・コラム

更新履歴

探偵 用語集

アドバン日記



その他の調査

結婚調査

家出人捜索

メールアドレス調査

携帯電話番号検索

携帯電話番号調査

IPアドレス調査

探偵業法の成り立ち 「13」 2013-10-07


探偵業法立法について、調査業に関するワーキングチームでは最初から探偵業については届出制にして、欠格事項を設けて暴力団員などの参入を防ごうとしたのであるが、見方を変えれば届出する人選さえ間違えなければ暴力団員でも簡単に探偵業に参入できるという皮肉な結果となってしまった。まことにお粗末としか言いようがありません。当初からザル法しかできないのを承知して取り組んでいるのですから非常にたちが悪いといえます。政治家の資質が問われているのではないのでしょうか。とかくある特定の業界、に特に探偵業に新規の立法を検討する場合、その業態を公認するのかしないのかという問題が発生してしまいます。政治家によっては現段階で探偵業を公認し、積極的に育成に協力するという判断もできていないのである。海外では探偵業は免許制にしている国もあるが、むしろ日本もそのほうがよいという意見も多いのです。今回の探偵業法の立法の内容は中途半端なものであるといえます。日本では免許制はそぐわないと判断されたようですがいったい何を根拠にこういった判断がなされたのかその経緯さえ公表されませんでした。当初にお話しましたが、探偵業法立法の裏には業界の圧力など醜い力の影響が見て取れるような気がします。日本においては国民が探偵業に対して問題が多いとかよくわからないとかいった意見が多いというのが理由のようであるが、いったい何人の意見を聞いたのかと思います。探偵業に偏見を持った政治家や裏献金をもらった政治家の猿芝居のようです。


アドバン 女性専用フリーダイヤル

アドバン 連絡先

アドバン 盗聴・盗撮カメラ発見

アドバン メールアドレス調査

福岡の探偵・興信所
アドバン
〒816-0077
福岡県福岡市博多区元町
1-1-17

TEL 092-501-0561
MAIL marbow@eos.ocn.ne.jp

⇒ 相談/問合せ

当サイトはリンクフリーです。同業者、他業者問いません。メールで連絡頂けましたらこちらからもリンク致します。

福岡の探偵・興信所 ノースパム宣言

差別反対!

当社は差別に関するあらゆる調査をお断りしております。