PAGE TOP ▲

 福岡の探偵・興信所(浮気調査・ストーカー対策・盗聴器発見)

福岡の探偵・興信所福岡の探偵・興信所

 You are here : 福岡の探偵・興信所 ≫ アドバン日記≫ 探偵業法の成り立ち 「2」

福岡の探偵・興信所   アドバン日記   探偵業法の成り立ち 「2」

=MENU=

福岡の探偵・興信所 アドバン

浮気調査

素行調査

身辺調査

メールアドレス調査

携帯電話番号調査

信用調査

行方調査

盗聴器発見
※盗撮カメラもサービスで同時に発見します

ストーカー対策

Q&A

■依頼申込み

■相談・問合せ

会社案内

リンク

サイトマップ

記事・コラム

更新履歴

探偵 用語集

アドバン日記



その他の調査

結婚調査

家出人捜索

メールアドレス調査

携帯電話番号検索

携帯電話番号調査

IPアドレス調査

探偵業法の成り立ち 「2」 2013-09-24


前回(探偵業法の成り立ち1)で大方の探偵業法の成立理由はお判りいただいたと思いますので、これからは少し具体的にお話ししたいと思います。大まかに言いますといい加減な調査や虚偽の報告、調査料金の不正な水増しなどをしてはいけませんということです。
と、これだけなのです。まず、調査に関しては取り掛かる前に探偵業者とお客様との間に契約書を交わさなければなりません、本当に余計なお世話というしかありません、仕事が仕事だけに署名を渋るお客様や、そもそも契約書は要らないというお客様もいらっしゃいます。それでも署名しろとは警察でも言えないと思うのですが。次に「調査利用目的確認書」これは、一言で言えば依頼者は探偵業者の調査の結果を悪用してはならないということです。具体的に言いますと、「社会的差別の原因となるもの」「DV法に係る被害者の所在調査の目的」「ストーカー行為(つきまとい等)目的」「盗聴・盗撮行為目的」「各種法令に抵触する可能性のある調査目的等」「その他公序良俗に反する調査目的等」「暴力団の行・活動を助長する目的等」「自身が暴力団及びその関係者であり代理して依頼する目的等」です。
これを書面にしてお客様から署名していただくことになりますが、お客様がこれを遵守する保証など一切ありませんし、遵守しなかったといって罰則なども無いのです。ザル法の片鱗が見えてきます。続く。


アドバン 女性専用フリーダイヤル

アドバン 連絡先

アドバン 盗聴・盗撮カメラ発見

アドバン メールアドレス調査

福岡の探偵・興信所
アドバン
〒816-0077
福岡県福岡市博多区元町
1-1-17

TEL 092-501-0561
MAIL marbow@eos.ocn.ne.jp

⇒ 相談/問合せ

当サイトはリンクフリーです。同業者、他業者問いません。メールで連絡頂けましたらこちらからもリンク致します。

福岡の探偵・興信所 ノースパム宣言

差別反対!

当社は差別に関するあらゆる調査をお断りしております。